サラダのエンジン焼付け修理

100605-22
100605-23100605-24
エンジンオイル量の不足によるエンジン焼き付けで現在部品入荷待ちのホンダ ミニ耕うん機 サラダFF300です。
エンジンの焼き付けといっても全てのエンジン内部の部品が駄目になる訳ではございません。
エンジンオイルが不足するとピストンやシリンダーよりも先にクランクシャフトとコンロッドの焼き付きが発生し、クランクシャフトとコンロッドを交換すれば直ります。
お客様から修理費用を安く済ませて欲しいとの要望もございますので、焼き付けの症状が軽い場合はクランクシャフトの焼け傷を研磨してコンロッドのみ交換する場合もあるのですが、今回はクランクシャフトも焼けキズが深く、交換になりました。
(組み付け時にガタがある場合は、残念ながら交換になります・・・)
どんな機種に搭載されているエンジンのエンジンオイルは、必ずオイルは汚れて少しずつ減っていきます。
(自動車や大型バイクは車検の時に交換されるので、トラブルは無いと思いますが)
エンジンオイル量の確認は大事なので、オイル量が不足している場合は注ぎ足しではなく交換をして下さいね。
(オイルの注ぎ足しばかり繰り返すと、汚れが原因でエンジンの寿命が縮まります)

関連記事

  1. ホンダ F220こまめのエンジン修理

  2. パープル培土器の組立

  3. FU750Lの出張点検

  4. カンタンなので、もう動かしてました

  5. 畑でサラダFF500試運転(石だらけ!?)

  6. たまには、エンジンオイルを点検しましょう

  7. サラダの納品準備

  8. ピアンタFV200のカセットガスボンベについて

  9. ホンダ ガスパワー耕うん機 ピアンタFV200 発表!

アーカイブ