部品が無くて、ダメ元の応急修理

トラクターで代かき作業中に変な音がするとの事で行って見ると生産をやめたメーカーの古い代かきロータリー、代かき軸の壊れたベアリングは交換可能ですが肝心なウォーターシールが部品供給終了です。

中古の代かきは装着がワンタッチのタイプしか在庫が無いため合わないし、小規模面積の農家さんなので新品の代替はオススメしづらいですね。

トラクターも古すぎるので良さげな代かき付きの中古のトラクターを考えてたそうですが業者間の中古トラクターを探しても丁度良いのが無し・・・

代かきはもう少しで終わりで今すぐ作業をしたいし使い終わったらトラクターと代かきローターを一緒に代替えしたいとの事なので、ウォーターシール無しはベアリングが長く持たないとお客様に説明して承諾を頂きベアリングだけ交換しました。
(何時間位持つでしょうか?)

今使っているトラクターと同じ馬力帯の良さげな中古が出たらすぐに声をかけますね!

関連記事

  1. もうすぐ8月ですね

  2. トラクタの納品準備

  3. 通常業務で営業しております

  4. ギアを落として、クラッチつないで・・・落ちました

  5. クボタ展示会

  6. ソイラーの試運転

  7. 長い草を刈り倒せるんです

  8. 乾燥機の組立

  9. 段取り

アーカイブ