ロータリーのオイルもれ修理

130420
購入頂いてからまだ2年ぐらいしか経っていないクボタ耕うん機ですが、耕うん爪軸からオイル漏れを起こしたのでオイルシールを交換します。
原因は耕うん爪軸に草の根やビニール紐等が絡んだままの状態で使用したためにオイルシールを傷めてしまいました。
乗用型のトラクターや歩行型の耕うん機、家庭菜園タイプのミニ耕うん機等、耕うん爪を回転させて耕す機械はメーカーや機械の大きさを問わず手入れをしてあげないとオイル漏れの故障が発生します。
この故障を防ぐためには耕うん爪が回転する爪軸の付け根に絡んだ草やビニールヒモ等を除去しなければなりません。
お手入れする際には必ずエンジンを停止させてから行って下さいね。

関連記事

  1. たまには、エンジンオイルを点検しましょう

  2. ピアンタ 購入記念品(数量限定)

  3. ホンダ 耕うん機 F402へバトンタッチ!

  4. お盆休暇中でも・・・試運転行きますよ!

  5. 朝の動作確認

  6. ホンダ耕うん機パンチ・エックス F502の発送準備

  7. ホンダ ガスパワー耕うん機 ピアンタ FV200が入荷しまし…

  8. 湿気は大敵

  9. 耕うん爪交換依頼時の悩み事

アーカイブ