農業機械納品後の儀式

120517
先日田植えシーズン中にお客様との急な商談で新型田植機を購入していただいて納品し、今日は別売りアタッチメントを取り付けて田植え作業の試運転指導です。
お客様には田んぼに入れて汚したくないな~って言われる事がありますが、作業する機械なので仕方がないです。
新品の機械に付いている荷剤やビニールの一部は剥がさないで納品しますが、新品気分を味わいたい思いがあるせいなのか、なかなかお客様自身で剥がそうとしないので私がキレイに剥がしてあげています。(滑って転んだりする恐れがあり危険ですからね)
高性能の高額な新品の農業機械を購入して頂いたお客様に対して納品する私なりの「儀式」なので、納品前に全部剥がすいうわけにはいかないのです。

関連記事

  1. 田植機の車輪交換

  2. 刈刃交換と同時修理です

  3. 試運転、うまく走行できるかな?

  4. 新車の稲刈りバインダー

  5. ローラーが、ガッタガタでした

  6. 脱出作戦!

  7. 出張前の、重労働

  8. 重い・・・ ミッション降ろし

  9. 中古トラクターの配達

アーカイブ