ローラーが、ガッタガタでした

農業機械

整備工場内では工場長が点検整備中のコンバインをジャッキアップさせて足回りを点検していましたが、クローラーの揺動ローラーがバラバラに分解されてました。

足回りは毎年グリスアップされているのですが、移動する際にコンバインをトレーラーに載せずに自走であちこちの田んぼへ移動しているのも要因かと思います。(タンクの中に籾が入ったままの移動も重くなってバランスが悪くなり危険なのでダメですよ)

左側はまだ良好ですが特にダメージが大きいのは右側で、ローラー内部のオイルシールとベアリングを全て交換になります。

磨耗している駆動スプロケットは左右交換、クローラを張っている後ろ側のローラーも要点検ですね、クローラを外す際には腰痛にならないように気をつけて作業願います。

関連記事

特集記事

TOP