刈刃交換と同時修理です


昨日コンバインの刈刃の注文と交換依頼の確認で、刈刃以外は大丈夫かな?って刃をを動かすクランクアーム関係を手で揺するとガタつきが・・・このままでも使用可能だけど稲刈り作業の途中でダメージが大きくなる前に用意していた部品を交換します。

今夜の帰りは遅くなりそうです、明日から安心して作業出来るように修理はコンバイン作業を終えた夕方から取りかかります。

刈刃の交換は簡単なのですぐに終わるけど、駆動クランクの分解はどう考えても別の箇所を丸ごと外さなきゃ修理出来ないみたいです。(想定内ですが)

土や絡みついたワラ屑を取り除いてから刈刃を外し、余計な所をバラさないように搬送ベルトを外してチェーンを緩めて稲株を送る部分をゴロッと分離してクランクを分解、ベアリングとシール交換が完了しました。

組み立ては忘れ物をしないように、集中して元の状態に戻します。(工具もお客さん家に置き忘れしないように!)

関連記事

  1. クローラ外れ?

  2. 中古コンバイン試運転

  3. 道路が凍る前に

  4. 休ませて!

  5. ネズミの餌食

  6. 種まき機械の修理

  7. 午後イチは暑いですねー、毎日

  8. カッコいいトラクターが

  9. 7条植!

アーカイブ