燃料タンクに水!?

081006
最近購入していただいた中古のトラクターが畑で作業中にエンジンが急に止まってしまって始動出来ないと連絡があり、早速現場へ行って故障診断です。
当店で販売する中古農業機械は完全整備した後に販売しておりますので、チョット不思議で不安でした・・・が!
燃料フィルタは透明で綺麗だし、噴射ポンプ~ノズルバイプの接続ネジを緩め、セルを回してクランキングさせて滲み出てきた燃料を確認すると・・・コロコロと弾ける液体が・・・これは燃料ではなく「水」ですね。
水だと透明なフィルターカップの中で油と水が分離されて目視出来るのですが、カップを外して確認すると内部は全部水!分離どころじゃない大量でした。
燃料タンクや噴射ポンプとホース関係内部を全て抜き取って清掃し、新たに買ってきた軽油を入れて修理完了!燃料フィルターは新品に交換です。
お客様の話だとトラクターを使用する前にドラム缶に保管している軽油をトラクターへ満タン給油したそうで・・・そのドラム缶は屋外に野ざらし状態で置かれてました。
(内部が結露したり、フタから雨水や雪解け水がが混入したんですんね)

関連記事

  1. 新型クボタ田植機

  2. ソイラーの試運転

  3. 朝露が乾く前に・・・

  4. 部品が無くて、ダメ元の応急修理

  5. 程度の良いヤンマーさん

  6. オーバーヒート?

  7. 刈刃交換と同時修理です

  8. 試運転日和です

  9. コンバインから煙?

アーカイブ