ちょっとの修理じゃないですね

090310-1090310-2
お客様からトラクターのミッション油圧オイル交換等の部分整備を依頼されてサービス工場に入庫し、泥だらけなので作業前にに洗浄すると・・・後輪タイヤの片側からオイル漏れを見つけました。
オイル漏れは左側だけですが、右側も近いうちにオイル漏を起こす恐れがあるのでお客様と相談した結果、左右どちらとも修理することになりました。
特に後輪の車軸オイル漏れ修理のための車軸シール交換は分解が大変で、タイヤの脱着や車軸ケースの分解は大がかりな作業なので体力も必要です。
トラクターや耕うん機等のオイル漏れは使用年数が長い場合や使用頻度が多いと発生するのですが、泥だらけの使いっぱなしで車輪や耕うん爪等の回転部に藁や草、ビニール等が絡まった状態だとすぐにオイル漏れを起こす場合もございます。
工場長・・・腰痛を悪化させないように、作業願います。

関連記事

  1. 朝露が乾く前に・・・

  2. ちぎれた昇降機

  3. フレコン計量機の組立

  4. 趣味はおあずけ

  5. ベルトだけかな?

  6. 農業機械納品後の儀式

  7. 刈刃クランクのガタつき

  8. 刃が欠けてました

  9. 整備配達して、今度は修理の引取です

アーカイブ