抜いたつもりだと、凍結しますよ

140616-1
噴霧作業の際にエンジン回転を上げるとポンプの辺りから水が吹き出るとの持込修理ですが、ポンプが凍結してヒビが入っているようです。
シーズンオフ時に水抜きをした「つもり」だったようですが残念でしたね、完全に抜けきれなかったのでしょう。
140616-2140616-3
でもポンプ内部のインペラーやポンプケースは大丈夫、交換はポンプケースのフタだけなので部品の交換作業は数分で終わりました。
シーズンオフ時のポンプ内部の完全水抜きは、噴霧ホースを外してから黄色いドレンボタンを10秒押した後にエンジンを始動させてスロットルレバーを中間の位置にして10秒運転させるだけなのでカンタンです。(噴霧ポンプがインペラータイプの場合)
メーカーを問わず噴霧機は、ポンプの種類によって水抜きの方法が違いますので、取扱説明書を参照願います。
このエンジン?ホンダの4ストロークは絶好調ですよ!

関連記事

  1. 動噴発送準備

  2. 出張前の発送準備

  3. 程度の良い中古噴霧機

  4. 今日もテキパキと、パタパタと

  5. 背負動噴は、中間クラスが人気かな?

  6. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  7. 動力噴霧機の発送準備

  8. コレも、裂けてます

アーカイブ