ユキオスのワイヤー交換

140205-1.JPG140205-2.JPG
ユキオスを走行させるレバーのワイヤーケーブルが根元から切れてしまったという故障修理依頼で新しいワイヤーを持参して伺いました。
このワイヤーケーブルはレバーからエンジン下までの分で、この中で走行クラッチとエンジン回転に分かれています。
エンジン下のカバーを外してから交換する前のワイヤーケーブルの調整位置と同じように新しいワイヤーケーブルを取付し、遊びの量を確認して修理完了です。
レバーのワイヤーケーブル取付部にはグリスが塗布されているのですが、保管場所が年中日の当たりやすい軒下なのでグリス切れを起こしてワイヤーが早く切れてしまったのかもしれませんね。
(新しいワイヤーケーブルはグリス切れで金属同士が擦れるのを防ぐために、レバー取付部に触れる箇所には樹脂が付いております)
部品はブレーキケーブルという呼び名になっておりますが?レバーを握れば走り出すのでクラッチケーブルのほうが呼びやすいんですがねー。

関連記事

  1. HSM1590i、入荷しました!

  2. 初積雪の雪かきは、下取のユキオスで!

  3. 除雪機のシューター、動かず

  4. コレが小さい除雪機?

  5. 宮城まで、行ってきます

  6. 何年も、野ざらしだったそうです

  7. バッテリー端子の取り外しについて

  8. ホンダ除雪機の入荷作業

  9. 休みも会社でチョット溶接!

アーカイブ