急ぎの一輪管理機

120402
ハウス野菜が専業のお客様がプラグが点火しないという修理依頼で整備工場へ持ち込まれた一輪管理機ですがプラグを交換してもダメで、これはイグニッションコイルの交換が必要なので部品注文ですね~
(今すぐ使いたい気持ちはわかりますが、ガマンして下さい)
ついでにエンジンオイルの状態も点検すると少しだけオイルがタラッと出ただけでした。
危なかったですね、焼き付けにならなくて。
エンジンオイルが少なくなってくると冷却出来ずに異常過熱を起こしてエンジンがいつもより熱っぽかったり、イグニッションコイルもイカレ気味で再始動が困難だったりします。
砂ぼこりの多いハウス内の作業はエアークリーナーの目詰まりも起因するので要注意です
ロータリーは爪は摩耗して鷹の爪状態です、コレじゃ仕事がはかどりません。
プラグ、イグニッションコイル、エンジンオイル、耕うん爪を交換してエアークリーナー掃除です。

関連記事

  1. 難解のピアンタエンジン修理

  2. 朝の動作確認

  3. ホンダ耕うん機 売れてます

  4. ロープ引いたら?スカスカ?

  5. 天気が気になる毎日です

  6. はじめての耕うん機 プチな

  7. FU750Lの出張点検

  8. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  9. ニューサラダの試運転です!

アーカイブ