秋田へ遠征

100603-1
100603-2100603-3
100603-4100603-5
田植えシーズンも終わって、今日は先月お客様に購入して頂いた中古のコンバインを秋田県の同業者様へ引き取りに行きました。
引取り先の近くには干拓地で有名な大潟村の八郎潟があり、役場付近に良さそうな温泉が有るそうで、帰りにぜひ立ち寄ってみたいと計画していました。
同業者様から中古コンバインの引き取りを終え、八郎潟入り口の長い橋から見渡すだだっ広い水面を見ると思わず「海だーっ」て叫びそうになるのは、私だけでしょうか?
橋を渡ると果てしなく長い直線道路で、北海道もこんな感じなのかな?
(まだ行った事ないけど)
周囲を見渡すと大きな田んぼばかりで見た感じは作業が快適そうに思われますが、干拓地のため機械が埋まってしまうほどのすごい湿田だと耳にした事があります。
目的地の温泉に到着して早速浴場に行くと赤っぽい色の浴槽あり、何だか趣味の悪いタイルの色だなあと思いながら入ってビックリ!コレって温泉のお湯の色なんですね!
温泉源は500万年前の海水が地層水となったもので、こんなにしょっぱい温泉は始めてです。
大潟村にある温泉施設はポルダー潟の湯という名前で、すごく良い温泉でしたよ!このままずーっとのんびり休憩したいなぁ

関連記事

  1. カミさんの実家へ

  2. 蜜を避けて山道?を

  3. お宮参り

  4. 種苗交換会

  5. 今年もお花見食堂へ

  6. 出張取りやめ

  7. 体重計

  8. ひな祭りに、巣立って行きました

  9. iPhoneが、酒浸りに?

アーカイブ