ネズミのイタズラ

100523-1100523-2
100523-3100523-4
田植えは無事に終わったが、給油口近くにある配線がネズミにかじられて燃料計が動かないとお客様からの修理依頼で診てみると給油口のフタを開けるとネズミの糞だらけ!
センサーに接続される配線がむき出しになっている箇所はビニールテープで補修しましたが、燃料タンクに付いている燃料センサーの配線が根元から喰いちぎられ、何ともならないのでセンサーを交換しました。
こんなの食べても何の栄養もつかないのに、このバカネズミめ!
小屋に田植機を入れて更にボディーカバーをかけて保管すると、ネズミにとって絶好の隠れ場所になるのかな?
今度は小屋に格納するときは、試しにボディーカバーはしないでみて下さいね。

関連記事

  1. ポロリ

  2. コンバインのクローラ交換

  3. 連休 2日目

  4. エンジン焼き付け修理

  5. 暗闇で残業

  6. 燃料タンク内の完全抜取に

  7. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  8. ホンダ汎用機保証修理判定員 再認定講習会

  9. コンバインクローラ 今度は反対側

アーカイブ