私も工場で作業しますよー

11月に入ってから除雪機の点検整備依頼も増えてきました、私もお客様との接客や納品修理だけじゃなく工場内で依頼された修理や整備を手掛けております。

当店ではエンジンが調子良い場合でも点検整備の際には燃料タンク〜キャブレター間の燃料を完全に抜き取って給油口から軽くエアー吹き掃除と、キャブレターのフロートチャンバーも外して内部の点検、清掃しております。

今回手がけているのは小型ハイブリッド除雪機です、古くなって劣化したガソリンが残っていないか点検するためにフロートチャンバーを外して確認するとご覧のとおり劣化したガソリンが残っていました・・・キャブクリーナーできれいに掃除します

小型ハイブリッド除雪機のエンジンはカバーに囲まれているため、当初はキャブレターの点検や修理の際には周囲の邪魔な箇所を外していましたが今ではエアクリーナーを外してキャブレターを手前にずらし、下カバーの穴から工具を使ってフロートチャンバーのボルトを緩めて最小限に分解しますしています。(運悪くフロートチャンバーを外した時にパッキンも外れ落ちてしまったら・・・キャブレターを外すハメになりますが)

チャンバーを外す際は首振り出来るエクステンションの工具を使うと楽です。

関連記事

  1. 走らない除雪機

  2. 除雪機オーガ交換

  3. やっと入荷しました

  4. 何年も、野ざらしだったそうです

  5. 除雪部の高さ位置変更

  6. やっと 除雪機が1台入荷

  7. 大型除雪機の部品交換

  8. 予想外の冬?

  9. 除雪機走行不能の修理依頼

アーカイブ