刈払機の修理とか

田植え作業も終盤になって、草刈機関係の修理依頼が多くなってきました。

刈払機のスタートロープを引いた途中でロックして引けなくなったとの持込修理依頼です、シリンダーヘッドにカーボンが溜まりすぎてピストンに当たったかな?

念のため、ピストンの状態を確認するためマフラーを外して覗くとピストンにキズが・・・修理はしないで代替となりました。

次の修理は刈払機の刃を交換するため刃を抑えるネジを緩ませてて途中でキツくなって共回りして取れないとの持込修理依頼です、著しい摩耗や変形は無くネジ山の汚れやサビ等が原因で、ギアケースに六角ランチを差し込み回り止めさせるとカンタンに緩める事が出来ました。

取り外したボルトのネジ山をキレイにして、刈刃取付ギアケースの刈刃取付部やホルダーもチェックして絡みを取り除いたり掃除して修理完了です。

新しい刈払機を購入して頂いた際の引き渡し時には刈刃の取り外しの要領を説明しておりますが、刈刃の回り止めをする方法を忘れた際には取扱説明書に記載されております。
(メーカー及び型式によって回り止めの方法に違いがございますのでご注意願います)

関連記事

  1. 寒冷地での草刈作業

  2. 早く梅雨明けすればいいですね!

  3. オバケみたいなナイロンコード

  4. すぐ、直りました

  5. ホンダ刈払機UMK435の出荷

  6. 軽トラック代替

  7. 厄介な水の混入

  8. 部品は換えずに代替えして頂きました

  9. ホンダ刈払機の発送準備

アーカイブ