ピアンタFV200のカセットガスボンベについて

ホンダ ガスパワー耕うん機 ピアンタFV200の推奨カセットガスボンベ「TOHO シャトル カセットボンベ」の製造メーカーである東邦金属工業とは・・・
今ではどの家庭にも1台はある「カセットコンロ」。
もしこれがなかったら、家族みんなが鍋を囲んで団欒という光景は実現しなかったでしょうね。
このカセットコンロが「日本ガス機器検査協会」の認定第1号として昭和45年、日本で最初に認定を受けたのは東邦金属工業の製品なのです。
その後、カセットコンロが大ヒットして普及に弾みをつけました。
TOHOのカセットガスボンベは以下の種類があります。
写真上から「シャトル」・「ジョイック」・「デイリー」・「ファミリー」の4種類です。(もちろん、ピアンタに使用可能です)
ホンダガーデンでは「シャトル」がホンダオプション品扱いで販売しております。
gas
また、ホームセンターやスーパー等でも気軽に手に入れることが出来るのでカンタンですね。
「シャトル」のパッケージには「hondaガスパワー製品の専用容器です・・・」と記載されているけど、「じゃあカセットコンロで鍋を作ってダメなの?」と誰かにツッコミ入れられそうな表記ですね?
090219-2
鍋でも大丈夫ですよ!
ピアンタは他社メーカーのカセットボンベも使用可能ですよ!
(ただし、指定メーカー以外のカセットガス使用の際の保証は出来ませんと言われましたが・・カセットコンロの説明書にも「当社指定メーカーのカセットボンベを・・・」みたいな解釈と同じでいいのかな?
私がピアンタのオーナーでしたら、各社発売されているカセットボンベを使用します。(カセットコンロだって色んなメーカーのカセットボンベを使用しているしね)

関連記事

  1. ホンダ耕うん機 サラダFF300が新しくなりました!

  2. 緑のピアンタ

  3. 祝日休暇前の納品&試運転

  4. ホンダ東北六県 特約店会議

  5. ロープ引いたら?スカスカ?

  6. 難解のピアンタエンジン修理

  7. たまには、エンジンオイルを点検しましょう

  8. 新旧こまめ ツーショット

  9. ホンダ ミニ耕うん機が人気です (えっ、ピアンタが全国で60…

アーカイブ