刈払機の部品交換

140726-1 140726-2
エンジンが始動するけど吹け上がりが悪くエンストしてしまう症状の修理依頼です。

プライミングポンプを押した後の戻りが悪い=燃料フィルタの詰まりが原因かな?

燃料ホースも少しヒビ割れを起こしてるのでこのまま使用するとエンジン回転が不調になるのでコレも交換します。

ヒビ割れた部分をカットして使用してもホース自体が劣化しているから、直ぐにヒビ割れを起こしますし、出先での応急修理でも経験済みです。

燃料ホースは1本物の長いホースで部品供給でしたがUMK425・435・UMR425、エンジンポンプや背負動噴に搭載されているエンジンGX25・35は燃料タンクのグロメットに分割して接続された状態のセット販売になりました。
(燃料タンク外部からキャブレターまでの間はホースの材質も改良されております)

プライマリーポンプを押した際に余分な燃料をタンク内に戻す透明なリターンパイプは古くなると若干収縮して硬くなりますが、タンクとキャブに確実に接続されていれば滅多に交換したことがありません。

関連記事

  1. ホンダ刈払機UMK435の出荷

  2. 踏まれた刈払機

  3. 背負い式刈払機の梱包作業です

  4. 刈払機と、ヒナ鳥

  5. 刈払機の、エンジンが脱落?

  6. オイルだらけ

  7. ホンダ刈払機の販促品

  8. 草刈職人

  9. 寒いけど、草刈シーズンが近いですね

アーカイブ